ダイエットでいちばん痩せにくいのはお尻!簡単エクササイズで後ろ姿美人に

ダイエットでいちばん痩せにくいのはお尻!簡単エクササイズで後ろ姿美人に

体には脂肪が付きやすい部位と、付きにくい部位があるのをご存じでしょうか?
実は、人の体は太るときにどこから脂肪が付いていくのか、だいたい順番が決まっているのだそうです。女性は皮下脂肪を溜め込みやすいので、さらにこの傾向が強まります。
最初に脂肪が付く部位は「お尻」。
次いで、「腰」、「おなか」、「胸」、「太もも」、「肩・腕」、「ふくらはぎ」という順番になっているのだとか。
痩せるときはこの逆です。
いちばん脂肪が付きやすい「お尻」が、いちばん最後に痩せます。つまり、体の中で「お尻」がいちばん痩せにくい部位なのです。

お尻の脂肪はプロポーションを崩す元!

お尻というのはもともと脂肪の多い部位。さらに上で述べたようにちょっと油断をするとすぐに脂肪が付いてしまうので、お尻まわりのぷよぷよしたお肉に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?
また、脂肪は重さもあるので、どうしても加齢とともに垂れやすくなります。若いころはキュッと上がっていたヒップも、年を取るたびにハリが無くなり重力に逆らえなくなっていくのです。
さらに、お尻が垂れてしまうのは脂肪だけでなく、筋力低下も要因のひとつ。
若いのに垂れ尻で悩んでいる女性も多いですよね。まさに彼女たちは脂肪を支えるだけの筋力が不足しているためにお尻が垂れてしまっているのです。

鏡で正面の姿ばかりチェックして、後ろ姿はついつい無頓着になっていませんか?
垂れたお尻は体のラインを崩し、全身をだらしのない印象に見せてしまいます。
お尻を重点的にシェイプアップすることで、見た目は大きく変わります。
そこでこの記事では、落としにくいお尻まわりの脂肪を引き締めてヒップアップさせる簡単エクササイズを紹介します。

お尻はこう鍛える!簡単なエクササイズでしっかりヒップアップ!

筋肉がしっかり発達していれば、少しくらいの脂肪が付いてもそれほどみっともないお尻にはなりません。しかも、筋肉を付ければ、痩せるだけでは得られないヒップアップ効果も期待できます。
そこで、まずは筋肉を鍛えてお尻のシェイプアップすることを目標にしましょう。
お尻を鍛えるエクササイズにはさまざまなものがありますが、とくに下半身に劇的な効果をもたらすのが「スクワット」です。
わずかな時間で大きな効果を得られるスクワットは、今、女性たちのあいだで大流行のエクササイズ。
ヒップアップ効果だけでなく、下半身全体を鍛え、太ももを細くしたりウエストのくびれを作る効果も大。
しかも、体幹も鍛えられるので、姿勢がよくなったり体の歪みが解消されたりと、まさに体に良いことづくめなのです。

スクワットの正しいやり方とは?

下半身に大きな効果をもたらすスクワットですが、やり方には少しコツがあります。
せっかくの努力が無駄にならないように、正しいフォームをマスターして、しっかり筋肉に効かせていきましょう。

  • 足を肩幅に広げ、背筋をピンと伸ばします
  • 両手をまっすぐ前に伸ばすか、クロスして鎖骨の下あたりに当てましょう
  • そのままゆっくりと膝を曲げ腰を落としていきます
  • 太ももと床が平行になるまで落としたら、再びゆっくり腰を上げていきます。

この時、ひとつ注意点があります。それは、「膝が足のつま先よりも前に出ないようにすること」。
膝がつま先より前に出てしまうと、膝を痛めてしまう可能性があるので気を付けましょう。

スクワットの回数は、15回×3セットが理想です。
しかし、最初からこの量をおこなうのはきついと思うので、初めての人は1日10回くらいから始めてみましょう。
1度にたくさんやるよりも、少しずつでも継続することの方が大切です。無理のない範囲で、徐々に回数を増やして行きましょう。

15回×3セットのペースで、早い人なら1週間~2週間くらいで最初の効果を感じることができるでしょう。1カ月も継続すれば、太ももやヒップにかなりの変化が見られるはずです。
お尻の形が変わり、足がスッキリして、これまでキツかったジーンズが楽に履けるようになったり、体にメリハリが出てスタイルが良くなったと感じる人もいることでしょう。
大切なのは「継続すること」。
ぜひキュッと上がったヒップを頭の中に浮かべながら、スクワットに励みましょう。

ダイエットでいちばん痩せにくいのはお尻!簡単エクササイズで後ろ姿美人に

どうしてもこの日までに痩せたい!という人はエステが頼みの綱

もし「この日までに何とかしたい!」などの切羽詰まった事情のある人は、エステの利用もひとつの手段。
エステなら、最新のマシンを使って集中的にケアをおこなうことで、効率的に部分痩せをすることが可能です。
エステサロンには必ず「ヒップアップコース」や「美尻コース」などが用意されているので、興味のある人は、最寄りのサロン情報をリサーチして「体験プラン」などから試してみるのも良いかもしれません。

最後に

後ろ姿はふだん自分では見えないので、あまり注意深く観察する機会はないかもしれませんが、実は人にいちばん見られているのが後ろ姿です。
正面から相手をマジマジと見つめる人はそうそういませんが、後ろ姿なら無遠慮に見ることができるため、後ろ姿は思いのほか人に見られているのです。
お尻まわりに贅肉が付いて後ろ姿がおばさん化していると、せっかく素敵な服を着てオシャレをしても台無しですよね。
スクワットでしっかり筋肉を付けて引き締まったヒップラインを作り、思わず顔を覗かれてしまうような後ろ姿美人になりましょう!

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る